お問い合わせ

TEL: 076-252-3891

FAX: 076-216-8950

メール:

nakahori@pcsyuriya.com 

営業時間

9:00 ~ 18:00 (水曜 定休)

InternetExplorerを開くたびに出てくるメッセージ

インターネットを見るためのソフトをブラウザと呼びます。


Windowsでは最初から入っているので、

インターネットエクスプローラーを使っている人が多いのですが、


他にもGoogle Chrome(グーグルクローム)や

FireFox(ファイヤーフォックス)辺りが

どちらも無料のソフトで、

多く使われています。


どちらもインストールすると、

お気に入り(ブックマーク)などをインポートするかなどと聞いてきます。


その後、インターネットエクスプローラーの

eマークをクリックして開くと


「InternetExplorerを通常使うブラウザにしますか?」

と、

毎回聞いてくるようになります。

20110711_103

 

これは、

同種類のソフトが、

複数存在する場合に、

既定のソフトにするか?

 

ということです。

 

例えば、

メールの文章の中に、

webのリンクが貼ってある場合、

 

マウスポインタが指のマークになって、

クリックするとwebが開きます。

 

このとき開くブラウザが既定のブラウザです。

 

どのソフトも既定になりたがるので、

インストールした時や、

既定でない場合、

メッセージが出ることが多いのです。

 

煩わしいので、インターネットエクスプローラーが毎回言ってくるメッセージを出さなくするには、

 

インターネットオプションを開きます。

 

最近バージョンアップされ、

ie9が登場して、

ウインドウ上部にメニューが表示されなくなった方は、

ツール→オプション を選べないので、

ウインドウ右上、×マークの下にある歯車マークをクリックして

20110711_101
インターネットオプションをクリックし

プログラムタブの

20110711_102
「Internet Exploereが既定のプログラムでない場合に通知する(I)」の

左のチェックボックスをクリックして、

チェックを外しましょう。

 

これで、次回から煩わしいメッセージが出なくなります。

 

 

同じように、メールも既定のプログラムがあります。

コチラは、

Officeプリインストールパソコンだと

WindowsLiveメール(VISTAはWindowsメール、XP迄はOutlookExpress)の他に

Office製品の一つ、Outlookがインストールされているので、

コチラも気を付ける必要があります。