お問い合わせ

TEL: 076-252-3891

FAX: 076-216-8950

メール:

nakahori@pcsyuriya.com 

営業時間

9:00 ~ 18:00 (水曜 定休)

eメールの設定にはパスワードが必要です

windows8

というより

Microsoft Office 2013 premium(マイクロソフト オフィス 2013 プレミアム)が同梱になって以来

パソコンの初期設定はかなり大変になっています

 

パソコンでメールを使わない方もいらっしゃいますが

MSoffice2013premium は、以前と違いインストールが必要で

パソコンを買ってきてもすぐ使えないんです

更に、Microsoftアカウントでサインインしないとインストールができなくなってしまってます

これはスマホで言う「Googleアカウント」や「Apple ID」みたいなものです

グーグルアカウントはGメールの取得が必須ですが

マイクロソフトアカウントは既存のメールアドレスで登録することができます

しかし、登録するには本人確認が必要で、登録するメール宛に届いた5桁くらいの数字を途中で入力する必要があります

今まで使ってたパソコンでメールがまだ使えれば、そちらで確認すればよいのですが

 

そこまで行けたとして

ようやくインストールが完了したメールソフト「Outlook」にメール設定を行う際

メールパスワードが必要になります

 

じつは結構ご自分のメールアドレスにパスワードが設定されていることを知らない方が多いんです

 

メールを郵便物に例えると

メールアドレス(メールアカウント)をもらったら

私書箱を設置してもらったような状態です

メールが送られてくると私書箱に入りますが

投函されたメールを見るためには

私書箱を開けるための鍵が必要になります

そのカギがパスワードです

 

私書箱のアドレスが判れば投函できますが

その私書箱に入っているメールを簡単に読むことができたら困りますよね!

メールソフトを設定する際にメールパスワードを入力しておくので

人間が毎回メールアドレスを打つことがないし

ケータイメールにはパスワードの設定がないのでピンとこない方もいらっしゃいますが

パソコンを買い替えてメール設定を行うためにはパスワードが必須なんです

インターネットプロバイダからメールアカウントをもらっていれば

プロバイダからの会員登録証などに初期パスワードの記載があります

 

また、自分でメールアドレス、パスワードを作成するプロバイダもありますが

その場合、メモするときは

面倒でも

「メールアドレス」とか「メールアカウント」という項目を書いてから

メールアドレス・パスワードを書いておくことをお奨めします

 

先に書いたように、MSアカウントやAppleIDなど、メールアドレスが登録IDになっているアカウントも多くあります

メールアドレスが書いてあるからメールのパスワ度だとは限りませんので…